鉄壁ブログ

Trading view を利用してリスクを抑えた投資を目指します

MENU

MACDの復習

ダン高橋さんのMACDのYou tubeで改めて勉強。

 

MACD

新しいデータにより荷重をかけている。

一般的には12、26、9

ダンさんは6、13、4

早く動くためトレンドをはやくキャッチできるとの考えから。

 

2つの線が交わるときにトレンドが変わる

 

Googleで他の情報も検索

 

MACD使いの達人になるためには、マックディ線とシグナルのクロスをサインとして覚えるのではなく、あくまでマックディ線がどこで底を打ち上昇に転じるか?どこで天井を打ち下降に転じるか?そここそがポイントなのだということを理解してください。

MACDのシグナルが出たら確かにトレンド転換を予測してはいるが、期間はばらばらでありシグナルが出てすぐに売買をしてもあまり儲けが出ないことが多いことが直近のトレードをみてもわかる。

今までシグナルが出ていたら買い急いでいたが、シグナルに伴って株価が動き出してから動いても遅くはないということを再認識。

f:id:teppekikabu:20200414013016p:plain

日経225(4時間)